5月2日のリレーエッセイ

日テレアナウンサーリレーエッセイ。

5月2日の青木アナのエッセイを読んだ。
内容は光一さんSHOCK
心からの敬意を込めて光一さんを“座長”と呼んで綴っている。


ジャニーズ好きであること
ジャニーズ全般の知識を
頭に入れ込んでいるアナウンサーと私は認識しているが
読んでいくと、もしかして…もしかしなくとも

青木アナは光一さんの、SHOCKの――ファンですか?
もうまるでファンと同じ目線で語っているんですもの。


“座長”は公演回数など気にしないクールスタンス だが
私達は嬉しくて仕方ないんです!


取材すればするほど、中身はプロ意識の塊であると感じる。

座長ほど強烈に美学を追求するプロ意識にはなかなかお目にかかれない。


そこまで仰って頂ける青木アナに
ステキなお言葉をありがとうございます!! と感謝です。 


何と言っても最後の文面だ。

座長が磨き上げてきた「Endless SHOCK」は
日本のオリジナルミュージカルのキラキラ輝く金字塔である。


ファンの代弁者とでも言おうか。


青木アナ、あなたはやっぱり私たちと同じ立ち位置にいる…ファンですね。(*^^*)





☆ いつもご訪問して下さり本当にありがとうございます ☆



スポンサーサイト

日経エンタテイメント vol.46

今回はミュージカル映画“ラ・ラ・ランド”について
光一さんの感想含むミュージカル映画…ミュージカル語り。

この記事について先日も
光一さんの適格な感想を褒めて下さっていた方がいた。
が、ただチャチャ入れて突っ込み
自分の好みの映画の名前を出しただけで
“ラ・ラ・ランド”の良いも悪いも言っていない など
反論していた人もいて。
まぁね、10人いれば10人の意見感想があるし
それはそれでイイと思う。
ただファンだからね、私。
彼についての否定的要素を言われたら正直、カチンッ!! なわけで。


光一さんにとっての“ミュージカル映画”の
観方はほぼ作り手サイドからのようにも思える。
製作側の大変さを知っている分、
果たしてこのシーンにはそれだけの必要性があるのか? とか。
ド素人でただの鑑賞者(私)には
そこまで考えも及ばず、分らないだろうし。
おぉぉ!すごーいッ! で観終わってしまいそうだよ。
そもそも私は洋画邦画をあまり観ることがない。
そのうち地上波でやるでしょ?的な…。
映画ファンには最低な人って思われちゃうかも。f(^^;)


映画を語りつつそこから、(もし自分なら…)と
“舞台”として考える舞台人の光一さん。
そして読んでいてこの人の中身は矛盾思考。
肯定しながら否定する。
否定しながら肯定する。
どっちなんだぁ~い!と思わせるが
結局は利点有りと論じ、
それを理想とする人なのかもしれない。

生身の人間の生のエネルギーを表現させたら
光一さん、彼以上の人間はいないだろう。
自負は当然! 誰にも文句は言わせないよ。


SHOCK現場は昭和な考え方、
つまり現代風に…超ブラック とか言っちゃう。
ブラックじゃなく“超”と付けてそのトップ(座長)が言う?(笑)

(このコトを)堂々と書いてくれてもいいですよ。
この堂々っぷりに拍手を送ろうではないか。


今月のメモに。
“今年の帝劇公演は例年に比べて男性が多かった”
招待客もいるでしょうが
ロビーでの男性を見掛ける姿が本当に多いなと感じたのは事実。
男女問わず底辺が広がっていくコトを願う光一さんには
嬉しかったのかもしれないね。




☆ いつもご訪問して下さり本当にありがとうございます ☆




原宿にリボンフライング…ジャケ写&読売新聞夕刊

SHOCK期間中は彼が何処にいて
何をしているのか分っている分、
観劇出来ない日でもこんなにロス気分にはならずに済んでる。


今、光一ロス、SHOCKロス……。
まだ千穐楽から10日も経ってないのにイタイ話ですよね。f(^^;)


ところが きゃッ!!
原宿看板がサントラジャケ写に変わった、と。
さっそく撮ってきたよ

P1070742.jpg
電車からも凄く目立っていて
おぉーーーーー
隣の吊り輪の学生らしき男子が
スゲぇーー!! カッケ~!(◎o◎) ←ボソッと言ってるのを
聴き逃さないダンボのお耳な私、ジワジワとピノキオの鼻のように高々。
うちの光ちゃんカッコイイでしょ? 心の声は叫んでおりました。(ここでもイタイ (><))

これだけの赤発色で
しかもこの横顔! 美しいやら凛々しいやら。
撮ってからしばし見惚れてしまった。




本日、読売新聞夕刊に千穐楽の記事が。
大きな紙面ではないが。

P1070751.jpg

記事には記録の凄さが書かれてある。

“単独主演、さらに芝居、踊りの他に殺陣やフライング階段落ちと
他舞台とは比較にならないほど
身体を酷使している。
それだけに終始晴れやかな笑顔。”

やり切った感が身体中から溢れるのも当然ね。

ヒガシ先輩や
座長が舞台上で挨拶した内容が書かれている。

“印象に残ったのは1000回以上のキャスト達をねぎらったこと。
快挙は一人で成し遂げられたものではない。
脇で支えてくれたメンバーに光をあてたいと
座長の温かさが感じられた。”

まさにその通りだ。
常に周りが有っての そしてお客さんが有っての――
光一さんの変わること無いこの精神。
惚れる 惚れる 惚れるぅぅぅう


“『記念号外』は
読売新聞社にて7日まで配布 
号外写真も折り目が顔にかからないように配慮した配置。”

他から見たら些細なことかもしれないが
ファン心を解っていらっしゃる。
読売新聞さんのお気遣いがありがたい。





☆ いつもご訪問して下さり本当にありがとうございます ☆



 

6分間の独占インタビュー @PON!

青木アナの独占インタビュー。

まずはインタビューの前のSHOCKの映像。
大抵は階段落ちやフライングなど
言ってみればSHOCK代名詞的な場面を流すが
ジャングル!
なかなかグッドチョイス。
今年の光一さんの作り上げた筋肉を
見せるには打ってつけ。
いい感じのシックスパックに胸筋!
これだけでも ナイスだよ、“PON!”

終演後の光一さんを待つ青木アナ。
カメラの前でワクワク? 
胸に手を軽く当てて…恋人を待っているみたい。(笑)
P1070735.jpg

P1070736.jpg
待ってましたよ光一さん! とばかりのこの笑顔 

千穐楽お疲れ様でした、1500回本当におめでとうございます
丁寧にご挨拶をしてからの独占インタビューです。
改めてどんな気持ちかを訊く。

終わった感覚はなかなか感じられないんですよね。
数日経ってじわじわくるのではないかなと思います。

P1070737.jpg
光一さん小柄~
青木アナを見上げる視線。可愛い~

2000年からの映像や
2005年から脚本、演出に参加することを紹介。
今までの動員数270万人は京都府の人口とほぼ一緒 と聞いて
笑う光一さん。

光一さんも話していたが
年々男性の観劇者が増えてるし今年は多かったそうだ。
確かに私の知人は光一SHOCKの大ファン。
毎年必ず観劇してる。
光一さんのプロ意識の高さ、仕事ぶりは
同じ男性から見ても尊敬のようだ。


1500回重ねてきてSHOCKの自慢をおしえて下さい 
青木アナの質問、これまたナイスです。

SHOCKの自慢ですか… 
ちょっと考えて

SHOCKのスタッフを含めてアンサンブルのみなさん
出演者の全員の一体感とかそれは本当に自慢できる

P1070738.jpg
胸を張っていうことが出来る自慢なんだよね。

座長として心がけたことは?
自分でやり始めた(脚本演出を手掛けた)頃は
頭の中にあるものを出していって
(相手に)理解して貰えるまでが大変だった。
その当時はカリカリしてたこともあったし…
と。
自分の事でいっぱいいっぱいだったと。
そのうちどんどんみんなが理解してくれるようになり
セクションの方からの意見も出てくるようになってくると
自分の心に余裕が生まれてきた 
という。

理解と信頼… 簡単なものではない。
そうして17年間の月日を重ねて 1500回公演があるんだよね。

今回あえて自慢をして頂いたのは
外部からの称賛の声をよく聞くが
光一さん自身は目標のレベルが非常に高い
そして謙虚な方
ですのでなかなか、こうした事が聞けない。

良い質問をしてくれて嬉しい。


一昨年の事故についても翌日から再開。
僕の意見として絶対やるべきだ という意見をお伝えして
批判があろうがなかろうが
僕が全部受け止めるからやらせて欲しいと
話をさせて貰った 
と。
そこをちゃんと持っていれば
みんながついてきてくれるんじゃないかなという思いはありますけどね。
 
すべての責任を一身に受け止める覚悟の光一さんの姿勢に
スタッフを含めた全員からの絶大な信頼が生まれないわけが無い。
逆に座長のためなら どんなことでもベストを尽くしてやる!
全員もそうした精神の元でSHOCKを作り上げている。


バックに流れるのは“ONE DAY”
P1070739.jpg
自分がやれると思うまではSHOCKをやれたらいいのかなぁ。
さらに先へ目を通すと役者というポジションではなくて
前に進んだこと演出をやったり
すごく良い事だと思いますしね。

ま、先のことは分らない…今が大事 ですものね。


最後に青木アナが遠回しにお願いします。
私の目標を聞いて頂いてもいいですか?
光一さんのお姿を傍で見させて頂いて
みなさんにお伝えするというのが目標でございます。

つまり稽古密着取材させて ということでしょ?

だったら殺陣のシーンとか出ちゃえばいいじゃない?
おぉー!You 出ちゃいなよ方式。
さすがジャニーさんに育てられた光一さん。

一発斬られていなくなる。
P1070740.jpg
ド素人を殺陣シーンに出しちゃう?  (笑)


VTRが終わり取材のコメントをする青木アナ。
BGMは“Continue”
殺陣の稽古なんかを取材させて頂ければ大変嬉しいなぁと思います。
カンパニーを率いてるリーダー光一さん
責任は俺が持つから この姿勢ですよね。


独占インタビュー青木アナ、Good Job!!
PON!でいつか本当に殺陣稽古の取材をして頂けたら嬉しい。
その時は6分…いや、もう少し尺を取って下さいませ。





拍手コメント&お礼です。




続きを読む

『SHOCK』千穐楽 その思い…そしてロス…

千穐楽のカーテンコール。
1時間以上越えてのお祝い。
思い出した事柄だけをツラツラと並べてみます。


1500回記念公演カーテンコールと記者囲み会見、
そして出演者全員のみの千穐楽カーテンコールの流れで。


長くなるので たたみます。


続きを読む

ジャニーズ最新情報

Shangri_LA

季節の素材とひな形-Shangri_La-

NOION

NOION

Fuzzy

Fuzzy

HP素材のおすそわけ

十五夜

十五夜

ハートリングの足跡

sidetitleカレンダー+最終更新日sidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleプロフィールsidetitle

香乃

Author:香乃
KinKi Kidsを親目線で応援しつつ、彼らの軌跡を見守り続けていきたいと思っている主婦です

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
現在の閲覧者数:
sidetitleお気に入りに追加sidetitle
IEWのに有効です
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleKinKi Kids Memorysidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-